8月29日土曜日の診察時間です。循環器分野に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

8月29日 土曜日の診察時間です。

9時30分 から 12時まで

14時 から 18時までとなります。

よろしくお願いいたします。

 

前回のブログの記事が途中で消えてしまっていて

望月による『以下、駄文です』の以下の内容が気になる方、すみませんでした。

たぶん、次の機会に書いてくれると思います。

何を隠そう僕もその気になる人の一人になります。

ですので、共に次の機会を待ちましょう。

 

今日は少し気になることについて書こうかと思います。

最近、『レントゲンで心拡大があるから薬を出されました』というような内容をよく耳にします。

もちろん、他の検査がどうしてもできない何か特殊な事情があるのかもしれませんが

基本的にレントゲンだけで心臓の薬を投薬し始めることはしてはいけないと思います。

心臓についてレントゲン検査でわかるのは

あくまでシルエットと大きさのみになるので

心臓のどの辺りが大きいのかの大まかな目安にはなりますが

なぜ大きいのかや、具体的にどのくらい大きいのかはわかりません。

 

言葉を変えると

心臓が拡張していても(内腔が広がっていても)、肥大していても(心筋が厚くなり内腔が狭くなっていても)

ただ心臓全体が大きくなっているということしかわかりません。

もちろん、心臓の中身の状態によって

処方しなければいけない薬は変わってきますので

レントゲンだけで薬の内容を決めることは難しいと思います(例外はあると思いますが)。

 

身体検査、心エコー検査、心電図検査、血圧測定、血液検査なんかを実施し

総合的に診断する必要があるかと思います。

先日ちょうど心エコーセミナーを聞いていて、気になったので書かせていただきました。

やはり循環器診療において心エコーは大事な検査だと思います。

全てが心エコーで決まるわけではないですが

循環器診療において外すことのできない検査です。

心疾患のわんちゃん、ねこちゃんには定期的な検査を推奨しております。

それでは、今日はこのへんで。

 

よかったらコメントをいただければと思います↓

頂いたコメントを元に改善できる所は改善していければなと思います。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください