病院の今日

7月10日金曜日の診察時間です。初めての方もご気軽に相談ください。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

7月10日金曜日の診察時間です。

9時30時 から 12時まで

16時 から 20時までとなります。

よろしくお願いいたします。

 

ブログに書くブログネタというものがあまりにもないので

今日もまた論文でも紹介しておきます。

 

こちらは2年前に発表された論文で

猫ちゃんの肥満と疾患リスクの関係性について調べた報告です。

ボディコンディションスコア(BCS)という

わんちゃんやねこちゃんの体重を9段階でスコアリングするという方法があります。

1/9が一番痩せてて、9/9が一番太っているということになります。

この報告は BCS 8〜9/9の猫ちゃんが

BCS 5/9(適正体重)の猫ちゃんに比べて

どういう病気になりやすいかというのを報告したものです。

 

ヒトの方でも、肥満は慢性的な炎症状態として捉えられるようになってきており

炎症を伴うような各種疾患との関連性が報告されております。

 

猫ちゃんにおいても同じような病態が起こる可能性は十分にあると思いますし

今までの糖尿病や下部尿路疾患の発生率は肥満の子の方が高いと言われていました。

この報告においては、これらの疾患に加えて

高血圧、喘息、関節炎、アレルギー性疾患、下痢など

多くの疾患のリスクが上がるという結論でした。

この論文の筆者は

猫の予防医学的な意味合いでも適切な体重管理は大事であると述べております。

 

全部を真に受ける必要はないとは思いますが

やはり肥満というものはそれなりに疾患のリスクを上げることになりそうです。

人間の生活習慣病予防と同じように

猫ちゃんの体重管理は、将来的な病気の予防にも繋がるかと思います。

もし、猫ちゃんの体重管理についてお悩みの方などいらっしゃれば

ご気軽に相談ください。

もちろん、わんちゃんについてのご相談も大歓迎です。

よろしくお願いいたします。

 

インスタのフォローもよろしければお願いします。

https://www.instagram.com/minatomatiaht/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください