病院の今日

4月9日(金)の診察時間です。狂犬病予防は予約不要です。静岡市清水区の動物病院 みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。

2021年4月9日

9時30分から12時

17時から20時です。

以下、駄文です。

猫さんが意外と尿路感染が少ない理由を書いて見ます。

都市伝説かもしれないので悪しからず。

猫さんがFLUTD(下部尿路疾患)が多いのはご存知でしょうか。

頻尿や血尿が起きて病院にかかってお注射されて、お薬もらって治ったよという経験がある方は

猫の飼い主さんでは意外と多いかもしれません。

いわゆる膀胱炎ですねと言われるあれです。

人で膀胱炎というと、細菌をイメージする方が多いと思います。

ですが、猫さんは例えばこんな報告があります。

22908頭のFLUTD症例での尿路感染を調べてみると

意外や意外、3%にしか感染は認められなかったというのです。

似たような報告がいくつかあります。

ここでヘェ〜そうなんだーといトリビア的納得をしていただきたい

今回のブログネタでしたが

もう少し突っ込むと、皆様の猫さんがFLUTDと診断されて治ったのは

お薬のおかげなのでしょうか。

お薬というと大体、抗生剤は医療業界では鉄板です。

実はこれ日本くらいなのです。

特に日本の獣医療なんかはバイトリル、ビクタスなんていうお薬が多用されてます。

人だと上司の許可を得ないと使用できないレベルの抗生剤が

感染の有無を調べられずに、第一選択のお薬として使用されてます。

ここでちょい待てよとなってください。

FLUTDで感染があるのは3%でしたね。

必ずしも正しくはないと思いますが、少ないのは確かでしょう。

抗生剤がいつようだったのかは疑問符が残りますね。

耐性菌作りまくりです。

当院では、こういうことのないように、抗生剤を使用するのは

FLUTD症状なら

感染が間違いない場合(尿培養や状況証拠などで

感染が起きていた場合、命に関わる場合

などしっかり系統立てて使用します。

膀胱炎のような症状というだけで、

バイトリル、トランサミン、ステロイドみたいなノリ使用はしないように心がけてます。

これを、一度で直してくれよ適当でもいいからさというのと

丁寧にやってくれた方がいいよ というご意見は両方ともあるのはわかってます。

あくまで当院はのお話です。

ちなみに話を戻すと

猫さんの尿路感染が少ない理由は

尿が酸性で濃縮尿であることと

尿道径が細いために、勢いよく完全排尿するからだと言われてます。

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください