病院の今日

4月17日土曜日の診察時間です。セカンドオピニオンについてもご気軽に相談ください。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

4月17日 土曜日の診察時間です。

午前は 9時30分 から 12時 まで

午後は 14時 から 18時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

本日の診察は終了いたしました。4月18日(日)以降の来院をお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

 

動物病院というものは基本的に自由診療です。

つまり、決まった価格というものがありません。

そのため同じ薬や処置でも動物病院ごとに値段の設定は異なります。

特に知識面や技術面など目に見えない部分の値段設定は大きく異なることも多いです。

 

当院の診療費用に関しても

おそらく全国各地の動物病院と比較すれば

当院より安くつく動物病院もたくさんあれば

高くかかる動物病院もたくさんあると思います。

 

ただ、これだけはお伝えさせていただきたいのは

値段設定に関しましては、それなりの矜持を持って決定させていただいております。

 

薬の数に限りがある以上

内科医ができる治療オプションは限られているわけですが

同じ薬を使うにしても

投与量の微調整、飲み始めるタイミング、薬の漸減方法、薬の組み合わせなどなど

やり方はその先生によってバラエティに富んでいると思います。

検査についても同じです。

血液検査項目、レントゲン検査、超音波検査など

検査の種類自体は限られてはいます。

ただ、その検査をするタイミング、検査結果を評価方法などは先生によって大きく異なります。

何が言いたいのかというと

限られた検査方法や治療方法をいかにうまく使用していくか

そこが内科医の腕の見せ所なんじゃないかと僕は思っています。

 

生きている動物を相手にしている以上

相手は変化に富むものです。

マニュアル通りの治療ではなく、こちらも臨機応援に対応せねばなりません。

 

例えば同じように子宮蓄膿症のために入院となった症例であったとしても

手術後、何分・何時間後に血液検査をしていくか

体内の水分量評価のための心臓の超音波検査を1日に何回するのか

血圧を何分おきにモニタリングするかなど

どのタイミングで、どのアクションを起こすかは症例によって全て異なると思います。

そこが臨床獣医師として大事な所だと僕は考えます。

 

そういう大事な部分に丁寧さを求められる症例ほど

シビアな症例ということになるわけですが

1人の症例にかける時間と手間がどうしてもかかるため

当院の場合、そこの費用をいただくようにしております。

 

もちろん、このような目に見えない部分の金額に対して

高額だと感じられる方もいらっしゃること自体は理解しているつもりです。

ただ、自分自身が出せる精一杯の本気の医療に対しては

きちんとした費用をいただくようにしております。

そこで値引きをして安くすることは自分の提供した医療の手を抜いたようにも感じます。

僕としてはそれだけはどうしてもしたくありません。

自分のやったことに対しては、100%を出した結果だと胸を張れるような仕事をしたいと考えています。

その点をご理解いただけると嬉しく思います。

 

長々と乱文を失礼いたしました。

それでは。

4月17日土曜日の診察時間です。セカンドオピニオンについてもご気軽に相談ください。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。” への3件のフィードバック

  1. 突然のコメント失礼いたします。お問い合わせのEメールが記載されていないのですが、どちらにお問い合わせをしたら良いか教えていただきたいです。また、Eメールアドレスも教えていただきたいです。

    1. あ 様

      コメントいただきありがとうございます。
      メールでのお問い合わせはご遠慮いただいております。
      可能であれば、054-388-9582までお電話をお願いいたします。
      申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください