3月15日 日曜日 の診察時間です。年中無休、平日20時まで診察しております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

3月15日 日曜日 の診察時間です。

9時30分から12時

13時から18時までです。(受付終了は17時30分までです。)

明日は獣医師1人、受付1人の対応となります。

お待ちいただくことがあるかもしれませんが、ご了承ください。

 

3月に入り、フィラリアについての問い合わせをいただくことが多くなりました。

近々、フィラリア症についてのページを載せる予定ではあるのですが

本日のブログで簡単に書かせていただきます。

 

フィラリア症というのは、ご存知かもしれませんが

蚊によって媒介されるフィラリアという寄生虫による感染症です。

フィラリアにすでに感染している犬を蚊が刺し

その同じ蚊に刺された時に感染が成立する可能性があります。

 

蚊に刺されると同時にフィラリアの幼虫が犬の体内に侵入し

およそ6〜7ヶ月程度の期間をかけて成虫へと成長していきます。

フィラリアの成虫は最終的に肺動脈と呼ばれる肺の血管から心臓の中に到達します。

そのため、肺の血管を傷つけたり、心臓の血液の流れを妨げたりします。

その結果、咳が出たり、腹水が出てきたり、失神したりします。

最悪の場合は、呼吸困難になり死亡します。

 

上記のようにフィラリア症というのは非常に恐ろしい病気ではあるのですが

基本的に予防が可能な病気です。

一般的にはフィラリアの駆虫薬を一ヶ月に一回、蚊の発生する時期に飲んでいただくことで

ほぼ100%の予防が可能です。

 

ただ、この駆虫薬を飲む期間にも注意が必要でして

基本的に、蚊が発生する月の翌月から投薬をスタートし

蚊の発生が終わる月の翌月まで飲んでいただく必要があります

 

というのも、薬を飲んで一ヶ月間薬の効果があると勘違いされている方も多いですが

実際は、フィラリアを駆虫する薬になりますので

例えば、今日薬を飲んだとすると、今日までに罹っているフィラリアを駆虫することはできますが

明日から感染する分に関しては、翌月の薬で駆虫するという形になります。

ですので、静岡県の場合

蚊が発生するとされる4月〜11月という期間を一ヶ月ずらして

5月〜12月の8ヶ月間がフィラリアの駆虫薬を飲む期間となります。

 

もう一つ、注意点があります。

フィラリアの駆虫薬を飲み始める前に

血液検査によりフィラリアに感染していないかを確認する必要があるということです。

フィラリアが体内にいる状況で、フィラリアの駆虫薬を飲んでしまうと

体内のフィラリアが急激に死滅することにより

アナフィラキシー症状を引き起こし、命に関わる可能性があります。

ですので、当院では基本的に3月末から5月にかけて

その年のフィラリアの駆虫薬を開始する前に血液検査を実施しております。

 

フィラリアの駆虫薬を飲むことも、そのために血液検査を実施することも

わんちゃんが安心して生活していくために必要なことですので

きちんと実施していただくことを推奨しております。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください