3月11日(水)の診察時間です。夜も安心!静岡市清水区の動物病院 みなとまちアニマルクリニックです。

こんにちは。

R02/03/11

9時30分から12時

16時から20時です。

3月にはいり、望月は休暇、体調不良とご迷惑をおかけしております。

3月12日(木)からは完全に復帰できると思います。

よろしくお願いします。

以外、駄文です。

写真のとおり、当院では不妊手術含む全ての手術に

麻酔科医がつきます。

人医療では当たり前のことですが、動物病院では

獣医師が1人しかいなければ無理ですね。

何より動物の痛みがなくなること、そして安全のために必要かと思います。

現実的に、コストはかかりますが、当院の手術費用は全国的にみても、かなり廉価だと思います。

みなさん、お会計でびっくりされるので。

経営は2の次です。

これが自由診療のいいところかと思います。

最後に昨日の大山院長のブログからコピペで

今日、『うちの子は年だけど麻酔は大丈夫?』という質問を受けました。

口臭が気になるけど、年齢も気になるので麻酔をかけてのスケーリングに踏み切れない方も多いのではないかと思うので

簡単に僕なりの意見を書かせていただこうと思います。

基本的に僕は『年齢だけで麻酔をかけられるかどうかは判断できない』と考えています。

つまり、若いから大丈夫で、年だから麻酔がかけられない、ということはないということです。

もちろん、年齢というのは一つの指標にはなると思います。

年を取れば取るほど、様々な病気が発生する可能性はありますし

それらの持病があることで麻酔のリスクも上がる可能性はあるとは思います。

ですので、僕としては

わんちゃんもにゃんちゃんも8歳前後を超えるような子に麻酔をかけないといけない場合は

麻酔前の検査が非常に大事だと考えています。

具体的には、身体検査や血液検査やレントゲンや超音波検査などを行い

内臓の機能に問題がなければ、麻酔をかけられないということはないということです。

 

ですので、中高年齢のわんちゃんやにゃんちゃんに麻酔をかけないといけない場合は

基本的には術前の検査を積極的に進めています。

その方が、安全に麻酔をかけることができると思いますし

麻酔がかけられないかもしれないという判断もできるからです。

 

もし、高齢の子の麻酔や手術でお悩みの方がいらっしゃれば

気軽に相談だけでもしていただければと思います。

よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください