2月27日土曜日の診察時間です。春はフィラリア予防スタートの季節です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

2月27日 土曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 14時 から 18時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

 

来週から3月に入ります。

今日は雨が降ったりで少し寒いですが

最近は暖かい日はもう完全に春ですね。

動物病院の春と言えば、狂犬病ワクチン接種とフィラリア予防のシーズンスタートになります。

わんちゃんやねこちゃんのフィラリア予防については

以前も書かせていただきましたが

こちらをご参照ください。

 

ただ、フィラリア予防についても近年見直されているようでして

今までは蚊が発生する季節に予防薬を飲み

冬の投薬はお休みするという考え方が多かったように思いますが

アメリカ糸状虫学会が出しているガイドライン↓によると

『フィラリア感染症は冬季に減少はするものの

都心部のような気温の変化が乏しい環境下では

フィラリア感染症のリスクがゼロになるわけではない』

と記載されております。

フィラリア症予防薬は比較的安全な薬であるため

冬季を休薬するよりも、年中投与の方が感染リスクは抑えられますよ

という考え方です。

 

この気温の変化が乏しい環境下というのがやや曖昧ではありますし

静岡市にそれが当てはまるのかどうかはわかりませんが

ご心配な方はフィラリア予防薬の年中投与を選択するのもありだとは思います。

実際、当院でも年中投与をされている方も一定数いらっしゃいますし

フィラリア予防薬は比較的安全な薬ではあるので

薬による弊害がなければ、より感染をゼロに近づけることができると思います。

 

ただ、当院としましては

基本的には早くても3月末から4月あたりから投薬をスタートしていただき

(5月でも予防可能と考えておりますが、暖かい年は早めの投薬をオススメしております。)

12月までの投薬を推奨しております。

 

ここ数年はねこちゃんのフィラリア予防を実施される方も増えてきております。

フィラリア症に関するページにも記載させておりますが

ねこちゃんのフィラリア症は基本的に治療法がありませんので

予防が大事になってきます。

 

わんちゃんやねこちゃんのフィラリア症予防に関して

何かご質問などあれば

ご気軽に聞いていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください