病院の今日

1月21日木曜日の診察時間です。年中無休で平日夜20時まで診察しております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

1月21日 木曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 までとなります。(受付は診察終了30分前までとなります。)

よろしくお願いいたします。

 

今年取り組んでいきたい新たなことの一つとして

避妊手術における痛みをさらに少なくしたいなぁと思っています。

現状の麻酔方法と手術方法でもかなり痛みの度合いは低くできているようには思いますが

そこで満足してしまうと

進歩はないと思うので

さらに先へ進めないかなと考えています。

 

次の手としては

硬膜外麻酔を実施することによって

痛みを限りなくゼロに近づけることかなと思っています。

イメージとしては

いわゆる無痛分娩と同じような原理です。

局所麻酔薬を硬膜外腔に直接注入して、末梢神経をブロックしてしまおうというやり方です。

全身麻酔に併用することによって

麻酔管理もしやすくなりますし、何より痛みの軽減という点でかなりのメリットがあります。

もちろん有害な合併症というものもゼロではありませんが

そちらはきちんとした手技を行うことによってある程度防ぐことは可能です。

 

あと、ネックになるとすれば

動物の場合、背中の毛刈りが必要なこと

特殊な針と技術が必要な場合もあるため、費用がプラスでかかってしまうこと

そこまでの疼痛管理が果たして避妊手術で必要なのか?ということ

かなぁ、と思います。

最後の必要かどうかに関しては

おそらく人によって意見は異なると思います。

痛みがよりゼロに近づけられるんであれば

毛刈りも全然OKだし、費用が少し高くなってもいいよー、という方もいらっしゃると思いますし

今のやり方でもある程度痛みを抑えられるんなら、そのままでいい、という方もいらっしゃると思います。

 

ただ、僕たちとしては

そのわんちゃん・ねこちゃん・ご家族それぞれに対して

いくつかの選択肢を提示していきたいと思いますし

その義務があると考えているので

選択肢は多いに越したことはないと思っています。

 

なので、需要があるかはわかりませんが

チャレンジしてみようと思います。

 

もし、うちの子の避妊手術で硬膜外麻酔をやってほしいよー、という方や

ご質問などある方がいらっしゃいましたら

一度、当院まで足を運んでいただければと思います。

 

あと、私はこう考えています、みたいな意見を述べていただいても結構です。

実際、飼い主の皆様がどう考えているのかも、お聞きしてみたいので

もしよろしければ、このブログにコメントしていただくか

直接病院でおっしゃっていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

それでは!

 

1月21日木曜日の診察時間です。年中無休で平日夜20時まで診察しております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。” への1件のフィードバック

  1. ご無沙汰しております。
    先生方の新しい取り組みにはいつも感心しきりです。

    実は我が家の2頭のコリーの避妊を今年こそ検討中で、数日前にも話していたところでした。
    身体に負担なく、痛みはなるべく感じないようにしてあげたいのが親心です。
    ですが、大型犬2頭なので、やはり
    「☆1費用面」は悩みの種…
    長毛種ですから、
    「☆2背中の毛刈り範囲」がどれほどのものか…とかも気になります。
    あと、
    「☆3手術前の検診はされるのか、されるならいつ頃か」とか。

    ☆1〜3が(他にも多々あるでしょうが)クリアした時にGOになるかなと思う次第です。

    猫さんはかなりの痛みも我慢してしまうようですが、我が家の明るいおバカさんコリーズは、小指をぶつけただけでも上目遣いで瀕死の重傷を訴えてきますので、痛みがわからないʅ(◞‿◟)ʃ

    お時間あるときに、ご相談に乗って頂けたらありがたいです。

    それから、長くお世話になったライムはお尻もすっかりキレイになり、あの苦しんだ4ヶ月が今では忘却の彼方です。
    たまに柔らかい便にはなりますが、ある程度ほっときます…様子見してます…

    先生も看護師さんもお若いとはいえ、くれぐれもご無理はなさらず、これからも笑顔溢れる病院でいてくださることを願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください