病院の今日

猫白血病ウイルス感染症と猫免疫不全ウイルス感染症の検査について

こんにちは。

チロル動物病院の望月です。

昨日はセノバ近くの日出次さんでラーメンをいただきました。

豚骨以外のラーメンもいいですね!

今日は2回に分けて、2つの猫さんの恐いウイルス感染症のお話をさせていただきます。

まずは猫白血病ウイルスから。

猫白血病ウイルスはいわゆるFeLVウイルスとよばれるものです。

猫さんを飼われている方でしたら、お耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ウイルスは血液や唾液、涙、糞便に含まれているため、感染経路が多く、うつりやすい病気です。

トイレを共用したり、お互いをグルーミングしたり、食器を共用したりする

仲良しな猫さん同士で片方に感染があれば、危険がともないます。

症状なのですが、はじめはとても元気です。

次第に元気がなくなっていき、免疫力がおちるので

あらゆる感染症に抵抗できなくなり、

口内炎、胃腸炎、鼻炎などが中々治らず、

リンパ腫や白血病など致命的な病気を伴い、

最後は亡くなってしまいます。

治療法は確立されていませんが、

感染がわかれば、症状に応じた管理や、発症を遅らせるための管理ができるようになります。

チロル動物病院ではFeLV白血病ウイルスの検査を行うことが可能です。

簡単な検査ですので、いついらしていただいても構いません。

お値段は3000円に診察料の500円のみいただきます。

早期発見が何より重要です。

心配だなあという方は、いらしてください。

チロル動物病院は10時から19時までいつでも対応可能です。

よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください