病院の今日

7月9日木曜日の診察時間です。循環器、腎泌尿器分野に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

7月9日木曜日の診察時間です。

9時30分 から 12時まで

16時 から 20時までとなります。

よろしくお願いいたします。

 

先日、何件かお問い合わせがあったのですが

新型コロナウイルスの影響で一部の動物用医薬品が欠品になっております。

主なものとして

セミントラという慢性腎臓病の猫ちゃんに対するお薬と

プロジンクという糖尿病用の猫ちゃんに対するインスリン製剤です。

両方とも入荷できるのが8月以降になるとのメーカーさんからの回答でした。

 

現在、当院においてはどちらのお薬も使用されている患者さんがおりませんので

在庫を置いてない状況です。

お問い合わせいただい方のお力になれず申し訳ありません。

 

あと、最近少し気になるのが

上記のセミントラという薬を適応外のケースに使用しているのをよく見かけるということです。

 

この薬は、慢性腎臓病の猫ちゃん用の薬とはされていますが

アンギオテンシン受容体拮抗薬という薬に分類されるものになります。

本来の適応は、慢性腎臓病における尿タンパクの漏出の抑制です。

なので、尿中にタンパク質がどのくらい漏れ出てしまっているのかどうかを

きちんと検査してから処方するお薬になります。

 

つまり尿検査をしていないのに処方すると適応外ということになります。

最近、血液検査で腎臓の数値が少し高いという理由で

セミントラを処方されたというケースを目にします。

 

もちろんその中には、蓋を開けてみれば(尿検査をしてみれば)

きちんと適応例になっている可能性もあるとは思いますが

適応ではないのに薬を服用してしまっているケースもあると思います。

 

薬というもの適切に使えば

すごくいいものだとは思うのですが

誤った使い方をすれば体にとって毒にもなり得るものだと思います。

 

結局何が言いたいかというと

薬を飲むなら、ちゃんと検査して診断をつけてからの方がいいと僕は思います。

ということです。

もちろん、色々な意見があるとは思うので

みんながそうしないといけないというわけではありません。

ただ、あくまで当院はきちんとした医療を提供したいと考えていますので

そのような考え方で診療にあたりたいと思っております。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください