病院の今日

5月23日土曜日の診察時間です。セカンドオピニオンも受け付けております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

5月23日 土曜日 の診察時間です。

9時30分 から 12時まで

13時 から 18時までとなります。

よろしくお願いいたします。

 

みなさんはピグマリオン効果という教育心理学の用語をご存知でしょうか?

簡単に言うと、教師の期待によって学習者の成績が工場する現象を指します。

 

具体的には、wikipedia さんによると、以下のような実験が行われたそうです。

 

1964年春、教育現場での実験として、サンフランシスコの小学校で

ハーバード式突発性学習能力予測テストと名づけた普通の知能テストを行ない

学級担任には、今後数ヶ月の間に成績が伸びてくる学習者を割り出すための検査であると説明した。

しかし、実際のところ検査には何の意味もなく

実験施行者は、検査の結果と関係なく無作為に選ばれた児童の名簿を学級担任に見せて

この名簿に記載されている児童が、今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供達だと伝えた。

その後、学級担任は、子供達の成績が向上するという期待を込めて

その子供達を見ていたが、確かに成績が向上していった。

 

こんな感じの実験だったそうです。

つまり、教える人が期待する方が教えられる側の成績は伸びるってことですね。

これは教育現場だけでなく、職場でも言えることなんじゃないかなと思うわけです。

ですので、僕は看護師さん二人にはものすごく期待しています。

たぶん、2,3年もすれば

そんじょそこらの動物病院の看護師さんじゃ敵わないくらいになってると思っています。

 

以前にも書いたかもしれませんが

僕たちの病院が質のいい医療を提供するために

個々のスキルアップは必須なものだと思っていますので

僕は明日からも彼女たちにめちゃめちゃ期待して診療業務にあたろうと思います。

 

ちなみにですが、ピグマリオン効果の反対の用語も存在します。

その名もゴーレム効果といいまして

期待されなければ成績も下がっていっちゃうよ、という現象を指します。

そんなの誰も得しませんし、楽しくないですよね。

 

スタッフには生き生きと楽しそうに仕事をしてほしいと思いますし

患者さんからもそう見られる方が病院としてもいいと思うので

僕はピグマリオンを目指そうと思います。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください