病院の今日

3月13日(金)の診察時間です。静岡市清水区の動物病院 みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。

2020年3月13日

9時30分から12時

16時から20時

20時から23時は夜間診察です。

以下、駄文です。

全身麻酔のリスクの一つにアナフィラキシーショックがあります。

人医学では筋弛緩薬を使用することで多いようですが、

動物医療で筋弛緩薬を使用することは少ないので

ラテックス(手袋など)や抗菌薬、麻酔導入薬の基質材

などが原因なのではと言われています。

実際のところ、検討に値する症例が集積されていないことで

動物の世界の定義は「あやふや」です。

去勢手術で亡くなった と言われてしまうことの一部の原因にアナフィラキシーはあると思います。

手術の失技や麻酔のミスでの失敗はあってはいけないことです。

が、アナフィラキシーに関しては、手術前に予測不可能な場合が多いため

術前にこれを理解していただく必要があると思います。

当院では

対策として

1:麻酔に関するインフォーム

2:麻酔前検査の徹底

3:どんな麻酔でも留置を取る、挿管をする

ということをやっています。

実はこの3番が案外徹底されていないのが動物医療の世界でして

例えばの話をします。

アナフィラキシーは抹消の血管拡張と毛細血管の透過性亢進により

血圧ががっつり下がります。

こんな時、留置(血管との通路)が取れていなければお薬を投与することさえ

できません。

出来ないには語弊があります。(人のガイドラインでは筋肉注射も認められているので。

しかしながら効果には確実に差がありますし、重要な持続点滴ができません。)

ASA1(つまりは病気じゃない子。健康な子。)に対する麻酔は舐められる傾向にあると思います。

しかしながら、そういう子を預けてくださるご家族の方に

あまりにも不誠実な対応じゃないでしょうか。

健康な子だからこそ、より一層気をつけなければならないはずです。

というような話です。

やるべきことは面倒臭がらず、コストと時間がかかってもしっかりこなす。

どの商売も同じはずです。

医療なら尚更です。

ということにこだわってやってます。

あと、アナフィラキシーのような避けがたい事象も起こってしまうんだよ

ということを知っていただきたい ちぐはぐ な文章でした。

望月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください