病院の今日

3月10日に内覧会を開催する予定です。そして日々の駄文①

 

3月10日 日曜日 病院内覧会  10時分〜17時

病院の内装や中身をどなた様でもお見せします。宜しければどうぞ。

おはようございます。

病院の工事が始まり、半月。。

早く病院ができないかとウズウズしております。

同時にかかっていただいている皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳なく思っております。

工事期間中は僕は無職なわけですが、色々なことをしております。

ペット手帳なんかはご連絡いただければ気づいたときに返信しています。

1日1回は必ず見るようにしておりますので、遠慮なく何でもおっしゃってください。

ブログ書かないの?なんてお声いただいたりしているので、駄文のみ書かせていただきます。

以下、駄文です。

僕は小説を読むのが好きです。

特に警察小説。

有名どころの作家さんから本屋でのジャケ買いも合わせて本当に色々な作品を読んできました。

ありがちな設定ですが、主人公の仕事にかける熱い感じが大好きです。

とまあ好きな理由なんかは語るとキリがないんですが

ここ最近、読んだ小説に3作品連続で獣医師がメインの役所で登場しました。

という奇跡は置いておいて

最後に読んだ「日明恩」氏の作品の中で

印象的なシーンがありました。

ネタバレにもなりますし、だいぶ割愛して結論だけですが

色々あったエリート獣医師は最終的にペットショップの店員として働くことにします。

大好きな動物を正しく飼育してもらうことを啓発することは獣医師の責務であり

接客や飼い主様との会話が本当に楽しくて大切だということに気づき

実際に評判も上々であるというシーンでした。

あれ、エリートということと事件に巻き込まれたということを除けば、

僕のやりたかったこと、やろうとしていることだと思い、

非常に共感しました。(評判どうこうは置いておいて)

とまあここまで、書き進んできましたが、

あれ?何書こうとしてたんだっけ?笑

着地点が見つからない上に、今から内科学アカデミーです。

これぞ駄文。

では。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください