病院の今日

2月18日(木)の診察時間です。フィラリア症予防、混合ワクチン接種、狂犬病ワクチン接種など随時承ります。静岡市清水区の動物病院 みなとまちアニマルクリニックです。

こんにちは。

2021年2月18日

9時30分から12時

17時から20時です。

以下、駄文です。

今日は脾臓摘出について簡単に書こうと思います。

が、その前に。

安い病院が本当にいい病院なのでしょうか?

僕は答えはNOだと思います。

「適正な」価格の病院がいい病院なんだと思います。

適正な価格設定にして、それに見合う医療を提供するのが病院の務めです。

しっかり利益を頂戴して、それを病院をよくする方向に使います。

例えば、当院は看護師を1名増員しました。

歴8年の方です。

うちの院長は医療には徹底的にこだわる人なので

(昨日も夜遅くまでお偉い先生の輸液をテーマにした予演会に参加してました)

一人に点滴するにしても

どれくらい足りてないのか、どこに足りてないのかなどなど

例えば心臓にエコーを当てるなどして確かめます。

言ってみりゃ手間が何倍もかかるわけです。

人の手も余計にかかります。

治療の出来は多分数倍上がりますが。

それに見合う僕らが適正だと思う価格でいつもお会計を頂戴しています。

正直、患者さんからはここまでやってくれるんだ、とか安いねーくらいに言ってもらうことの方が多いです。

。。。

そういう風にして得た利益を元手に

勉強代にしたり、スタッフを増員したり、機器代に回したりします。

皆様がワクチンやらフィラリアやらを当院でやってくださり

それで病院が良くなっているので

言って見れば

皆様が具合の悪くなった患者さんを救っているんです。

本当に感謝です。

ありがとうございます。

あわよくば初めましての方も

当院で狂犬病予防やワクチン接種をしてください。

僕が責任を持って、1人でも多くの難しい病気の子を救える病院にします。

。。。

「脾臓摘出について」

前かきましたっけね。

健康診断で脾臓にできものがあるよーて言われたらて話です。

できものが1つしかない場合も増大傾向にあったり

3〜5cm以上になってしまったら摘出適応です。

たくさんできものができてたら、摘出をお勧めします。

大型犬の子は孤立性かつ小さくても悪性の場合が案外多いと言われているので

切除した方がいいよーなんていう先生もいらっしゃいます。

。。。

摘出の方法ですが

お腹を開けてとります。

以上‼︎

てのは強引すぎますよね笑

脾臓は上の絵でもわかりますが

色々なとこから血流を受けています。

ぶちぶちと取ったら、出血しまくりですよね。

教科書的には脾臓に近い血管を結紮して切除することで

血管損傷や血流障害を起こさないとされています。

が、腫瘍が大きかったり、周りの組織を巻き込んでいたりするとその通りにはいきません。

大事なのは、近きゃいいけど、こだわり過ぎないことだと言われています。

腫瘍てのは元々出血しやすいことが多いので

とにかく視野を確保して、目で見て状況を確認するというのが大事ですよ。

というのをこの動画セミナーでやってました。

外科についてはブログで詳しく触れようがないんですが

こういう感じで勉強するんだよという紹介も兼ねて。

本で読んで外科をするてのは

説明書だけあるプラモデルから出来上がりを想像するくらい

難しいことでした。

令和付近になって、こうやって勉強できる機会が増えたので

外科好きにはたまらないです。

昨日大山院長が参加してた輸液のやつは

内容聞いただけで変態じゃんて思いましたが。

実際こうやって医療てのはベースが底上げされていくんだと思います。

かかりつけを選ぶ際に重要なのは

先生がどれくらい勉強しているのかてのも今後指標になっていくかもですね。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください