2月10日(水)の診察時間です。麻酔や心臓病、腎臓病に力を入れています。静岡市清水区の動物病院 みなとまちアニマルクリニックです。脾臓にできものがありますねと言われたらを掲載しています。

こんばんは。

2021年2月10日

9時30分から12時

17時から20時です。

以下、駄文です。

望月的「脾臓にできものがありますね。と言われたら」

これ読まれてる方は動物に関して熱心な方だと思います。

健康診断てしますよね。

画像の検査、特にエコーの検査をすると

脾臓になんかあるのが見つかることが割と多いです。

え、がん?て思う方もいらっしゃいますが

できもの=がん ではありません。

大事なのは「がん」と「それ以外」をしっかり鑑別してあげることです。

極論、悪さしなきゃほっときゃいいよて感じの捉え方です。

もちろん、がんの場合は積極的に治療したほうが延命につながることが多いです。

じゃあ見つかったらどうするの?というお話です。

がんなのかそうじゃないのかを見極めるのは

1:針で刺して細胞をみる

2:組織ごと取ってきて細胞を見る

て感じです。

どっちにせよ、しっかり肉眼的に(顕微鏡下で)確認しないとダメなんですね。

でもでも、脾臓腫瘤には良性の場合も多いわけです。

だから番知りたいのは、針で指すタイミングなわけです。

針で刺さないことを決めるには

孤立性であり、小さな腫瘤であることが一つに指標です。

この場合は経過観察で、1〜3ヶ月ごとにエコー検査で大きくなってないか見てあげる感じにします。

腫瘤の大きさが3〜5cmになったら摘出を推奨します。

逆に刺していくのは

多発性の結節や、孤立性でも臨床症状のある場合、肝臓などの臓器にも結節がある場合、リンパ節が大きくなってる場合などです。

・・・

脾臓の腫瘍は50%50%ルールだと言われています。

半分は良性、半分は悪性という感じです。

最近の報告では

多発性の結節であり、標的病変と言われるエコーでの見え方をしている時では80%が悪性だとも言われています。

また、

2019年の報告では

針で刺した時の細胞診 と摘出した組織での病理組織検査の一致率は95パーセント。

陰性的中率は50%ということです。

何が言いたいかって

針で刺して悪性所見があればまず間違いなく「がん」であり

針で刺していい感じに見えても、良性だとは言えないよということです。

これは案外非常な結果で、余分な検査を産む可能性も出てきますが、致し方ないことです。

・・・

僕らはこういう指標を目安に飼い主さんに検査、治療の方針をご提案します。

あくまで話し合いでのことなので、必ずしもこの通りにはなりません。

が、適当に提案しているわけではないよということです。

よろしくお願いいたします。

・・・

健康診断は随時受付中です。

身体検査、血液検査だけであれば、予約不要です。

画像検査は予約していただきたいのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください