病院の今日

10月30日(金)の診察時間です。循環器疾患や麻酔に力を入れています。静岡市清水区の動物病院 みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。

2020年10月30日

9時30分から12時

16時から20時です。

以下、駄文です。

まずコメント返しです。

ひめちゃん 様

そういっていただけて幸いです。

チロル時代は1日5件と診察のない日もありましたので、1回1回かなり長い時間をかけて

診察なり相談を行うことができました。

流石に現在はそれができなくなってしまい、時間に追われてしまうことが多くなりましたが

初心を忘れることなく、満足度の高い病院を目指しています。

応援ありがとうございます。

 

値段の設定はなかなか難しいです。

他の病院さんにかかられて、当院にきてくださった方は安い安いと言われる方が多いです。

初めての病院で当院にいらっしゃる方は予防薬でこんなにかかるの?と言われる方も多くいらっしゃいます。

僕も自分が病院かかって、値段はったらびっくりしますし再診に行きたくなくなります。

ただ、例えばネクスガードスペクトラ というフィラリアやノミマダニのお薬

当院で一番出るお薬なんですが、原価が非常に高いです。

しかも5月から12月まで使用してくださいなんていうインフォームをすると

なんだこの病院は。金儲け主義なのかと思われがちです。

動物用医薬品は開発費に対して、市場におけるシェアが少ないので高くなりがちです。

しかも人のように保険制度がないために、そのままドンと明細が来ます。

人より高い!と驚かれる方いらっしゃいますが

声を大にして言いたいです。

人の医療費は国民みんなで折半しているんだよと。

本当はもっと全然高いんだけど、みんなで払っているんだよと。

多分、皆様ご存知なんでしょうが。

だから値段の設定を行うときはいつも

皆様にご負担のかからないところ(再診に来てもらいやすい価格)を心がけています。

もちろん、良い病院になっていくためには

人件費、勉強代、良い医療機器、選択肢の広い薬の在庫などが欠かせません。

隠しませんが、利益も必要です。

だから割とこの病院には安心してかかれるといってもらえることが多いのかなと思いますが

その設定にはいつもかなり苦労しています。

という当たり前ですが、アンタッチャブルな領域のお話でした。

これからもかかっていただきやすい料金設定を心がけます。

よろしくお願いします。

※ 検査ができない(医療機器がない、技術がない、知識がない)ことにより全力投球の対症療法のみ(例えば、下痢に対していきなり抗生剤、胃腸薬、ステロイド)で3500円の病院(全力で薬使ってるので大概はじめは良くなる)と

検査ができるから、提案できる検査項目が多くなってしまい、提案の上では(もちろん検査はミニマムを心がけます)かかる料金が1万円くらいとインフォームする病院(結果的に検査が必要なければ3500円、検査して1万円)になってしまう病院はどちらが良いんでしょうか。僕にはまだ答えが出せません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください