病院の今日

10月22日木曜日の診察時間です。年中無休で平日夜20時まで診察しております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

10月22日 木曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 16時 から 20時 までとなります。

よろしくお願いいたします。

 

今年のクリスマスに公開予定の映画えんとつ町のプペルの予告の動画の一つ目が公開されました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが

この映画は『えんとつ町のプペル』という絵本が題材となった映画になります。

というよりも作品を映画化まで持っていくために

絵本が作られたと表現する方が正しいのかもしれません。

 

僕はキングコングの西野さんが好きなので

この絵本を買って子どもにも読み聞かせているわけですが

簡単に話をまとめるとこんな感じです。

 

えんとつ町という街全体が煙に覆われた街が舞台で

そこに住む人々は誰も空を見上げようとしません。

煙の上に星があるなんて言っても誰も信じてくれないし、みんなにバカにされてしまいます。

そんな中、父の言葉を信じ続けるえんとつ掃除屋のルビッチは

ハロウィンの夜にゴミ人間のプペルと出会い

煙の上にあるはずの星を探しに行くというようなお話です。

 

この話は西野さんの実体験が元となった物語になります。

彼が芸人でありながら雛壇を降りると言った時

絵本作家になると言った時

世間は一斉にバッシングを始めました。

おそらく日本中があの時は攻撃してたんだと思います。

 

今まで誰もやったことのないようなことを

ただひたむきにやろうとする人間に対して

日本という国はあまり優しくはありません。

夢を追いかけている人を肯定してしまうと

どこかで夢を諦めてしまった自分を否定してしまうことに繋がるからかもしれません。

 

ただ、今、世間からの西野亮廣さんに対する評価はあの時とは180度変わってきているように思います。

信じ続ければ夢は叶えることができるんだよ

ということを体現してくれているように感じますし

えんとつ街のプペルという物語もそういう話になっているんだと思います。

よかったら予告の動画を見てみてください。

僕は芦田愛菜ちゃんの声を聞いて泣きそうになりました(笑)

 

僕が目指している『院内死亡率ゼロ』という目標も

CTを入れたり、救急・集中治療専門病棟を設立したりするなんて話も

他の病院の先生からはおそらく笑われてバカにされるようなことだとは思いますが

僕たちは本気で静岡市の動物医療を変えることを目指していますので

諦めないで走り続けたいと思います。

たまに挫けそうな時もありますが

そんな時は西野さんみたいな人の姿を思い出しながら再奮起したいと思います。

それでは!

10月22日木曜日の診察時間です。年中無休で平日夜20時まで診察しております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。” への1件のフィードバック

  1. 大山先生、こんにちは。
    『映画 えんとつ村のプぺル』の予告編、拝見しました。私も泣きそうになりました笑。
    諸事情により、本編をROADSHOWで鑑賞できるかは微妙ですが、いつかきっと観てみたいです。
    ご紹介、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください