1月29日金曜日の診察時間です。麻酔・疼痛管理に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

1月29日 金曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 までとなります。(受付は診察終了30分前までとなります。)

よろしくお願いいたします。

 

3頭のわんちゃんを先日当院で避妊手術をされた方から

『全然痛そうじゃなかった』というお声をいただきました。

僕自身が重きを置いている麻酔とか疼痛管理という分野は

手術を実際に行う外科分野に比べると

どうしても裏方のイメージが強く

あまり患者様から直接的に感謝を述べられることが少ないので

素直に嬉しかったです(笑)

 

2003年に動物のいたみ研究会というものが発足して

すでに20年近くになり

わんちゃんやねこちゃんにおける疼痛管理という考え方が徐々に広がってきています。

2000年より以前は

動物は痛みを感じないんだー なんて言う人もいたぐらいなので

すごい進歩だなぁと思います。

ただ、すべての動物病院において

一定以上のクオリティの麻酔・疼痛管理が提供されているのか?というと

おそらくまだまだ浸透していないのが現状のように思います。

 

動物は言葉が話せません。

痛くても痛いと訴えることができません。

痛いと言わないから、痛くないんだという考え方はかなり乱暴なように思います。

去勢手術や避妊手術なんて

短時間で終わる手術なんだから、痛み止めなんて最低限でいいんだよ、というのは間違っていると思います。

 

少なくとも僕自身は痛いのがめっちゃ嫌いですし

お腹を切られたら痛くて叫び続けると思います。

痛み止めを使わないで手術なんかされた日には、執刀医に激怒すると思います。

それはわんちゃんやねこちゃんも同じじゃないかなぁと僕は考えています。

 

静岡で麻酔をかけるようになってもうすぐ一年が経過します。

同じ去勢手術や避妊手術に対する全身麻酔や疼痛管理のやり方も

去年の3月と今では少しやり方が違ったりもします。

自分のやり方がどれくらい有効なのか

わんちゃんやねこちゃんに直接問いただすこともできませんので

なかなか自己評価が難しいのが現状です。

そういう中で、冒頭のお言葉をいただくのはすごく勉強にもなりますので、ありがたい限りです。

 

当院は、VESというコミュニティに所属しています。

ここでは麻酔や疼痛管理、集中治療に関して

知識のアップデート&共有などが日々行われております。

ご興味のある方は、当院の麻酔に対する考え方とかも合わせて、ぜひ覗いてみてください↓

https://chirol-vets.com/%e5%bd%93%e9%99%a2%e3%81%ae%e9%ba%bb%e9%85%94%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%a8vesveterinary-education-service%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

 

そんなわけで

当院では、術前術後の疼痛管理も含めた麻酔管理というものを

去勢手術や避妊手術にも可能な限り実施しております。

 

去勢手術や避妊手術というものは健康なわんちゃんやねこちゃんにメスを入れる手術になりますので

可能な限り健康な状態でお家に帰したいと考えております。

麻酔や疼痛管理への注力は、そのための一つの取り組みだと考えていただければと思います。

 

去勢手術や避妊手術をお考えのわんちゃんやねこちゃんがいらっしゃいましたら

ご相談だけでも構いませんので

一度、当院まで来ていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください