1月11日月曜日の診察時間です。年中無休で診察しております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

1月11日 月曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 14時 から 18時 まで (受付は診察終了30分前まで)となります。

祝日ですので、土日と同じ診察時間になります。

よろしくお願いいたします。

 

心理学には、制御焦点理論という考え方があります。

この理論では

人がどのように快楽に接近し

どのように苦痛を回避しようとするのかについて

2つの自己制御システムがあると論じています。

1つは、何か利得を得ようとすることに快を見出す『促進焦点』

もう1つは損失を回避することに快を見出す『予防焦点』です。

 

自身の考えがどっちの焦点にあるかで

物事に対する考え方が変わってきます。

例えば、何かやらなければならない仕事がある場合に

促進焦点のAさんは、その仕事が成功した時に得られる賞賛や感謝の声が、目標になったりしますし

予防焦点のBさんは、その仕事が失敗した時のリスクを回避することが、目的になったりします。

 

仕事においてどっちの考え方を求められるかは

その仕事の内容によっても異なるみたいです。

そらそうですよね。

より責任や確度が求められるような仕事の場合は、予防焦点に重きを置くことが重要になると思いますし

夢や理想を追い求めるような仕事の場合は、促進焦点を用いることが多いのかもしれません。

 

そういう考え方を動物病院に当てはめてみます。

もちろん、どんな仕事においても失敗は許されないのかもしれませんが

殊更、動物病院のような命を扱う仕事は

より失敗が許されないように思います。

その点では、失敗をしないようにことに重きを置く予防焦点的な考え方が大事なんだと思います。

 

ただ、僕たちの病院は

将来的な高度医療の提供という理想を追い求めています。

その点では、促進焦点的な考え方で病院を進めているようにも思います。

 

なので、何を書きたいのかわからなくなってきましたが(笑)

結局はこの2つとも必要なんだと思いますし

個人の中でも、どちらかへの偏りはあれど、両方の要素を持っていると思います。

両方の考え方・両方の人材がいることで

個人としても組織全体としても

バランス良くいい感じになるのかなぁと考えたりします。

 

話の着地点が見つかりませんが

スタッフが増えて病院が大きくなっていっても

バランス良くあれればなと思っております。

 

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください