当院の麻酔に対する考えとVES(Veterinary Education Service)について

当院は、麻酔・集中治療などの動物の命に直結する分野に力を入れております。

 

わんちゃんや猫ちゃんたちは

私たち人間とは違い

検査や治療のために全身麻酔をかけなければならないという場面に数多く遭遇します。

人間のように『じっとしておいてね』と言って伝わるものであればいいのですが

動物たちの場合、そうはいきませんので

どうしても医療分野と比較し、全身麻酔をかける場面は多くなります。

 

そんな時

『うちの子は年だから』という飼い主様の声や

『この子は高齢だから麻酔はできない』と言った動物病院側からの声が数多く聞かれます。

その中の多くは誤った考えに基づいていることが多いように思われます。

 

基本的な考え方として

『年齢だけで麻酔がかけられるかどうかを判断するのは間違っている』

というのが当院の方針です。

 

もちろん、年とともに臓器の機能は落ちてくることはありますし

何かしら麻酔のリスクとなり得る持病を抱えてらっしゃる子も増えるとは思います。

 

ただ、それらをきちんと検査をして予め把握した上での麻酔であれば

基本的にはかなり安全に麻酔を実施することは可能であると考えています。

 

ですので、年齢というものはあくまでも一つの目安であって

それだけで麻酔がかけられるかどうかを判断することはできません。

 

また、安全ですとは言うものの

麻酔をかけるということは

動物に対して負担をかけるということに変わりはありませんので

不必要に麻酔をかけるということは避けなければいけないと考えております。

『本当にその検査や手術が必要なものなのか?』

当院は、そこをしっかりと吟味した上で、麻酔を提案しております。

 

もし、何か疑問に思うことなどがありましたら

気軽にご相談ください。お話だけでも構いません。

 

 

当院はVES(Veterinary Education Service)という団体の会員病院です。

 

VESは獣医麻酔・集中治療分野の専門家である石塚友人先生が代表の団体で

動物医療分野における麻酔・集中治療の普及と獣医麻酔科の確立を目指しておられます↓

(VESホームページより抜粋)

 

その団体の中では、獣医麻酔集中治療分野におけるテーマについて

日夜、全国の獣医師達が熱い議論を交わしています。

また、動物看護師さん向けの動画教材の提供や

最新の海外論文の紹介など

かなり幅広い内容を最新の知識としてご提供いただいております。

 

 

以下、VESのホームページに記載されている文章を一部掲載させていただきます↓

 

麻酔は死に近づく学問のため、誰しもが麻酔をする際は生理学や薬理学的な観点から

患者一人一人に合わせた麻酔をすべきと考えています。それを可能にするのは麻酔科医。

VESの最終目的は獣医麻酔科医(集中治療含む)の増加と麻酔科の確立です。

麻酔科医がいなければ麻酔ができない、いわば医療と同じ体制を整え

獣医学だけでなく医学に貢献する科学を提供することです。

 

当院もVESの理念に賛同し

知識を随時アップデートしつつ皆様に還元していければと考えております。

よろしくお願いいたします。

 

参考までにVESのホームページの石塚先生のコメントが書かれたページのリンクを貼っておきます。

よろしければご覧になってみてください。

めちゃめちゃ格好いいことが書かれてありますので、ぜひ!!

https://ves2020.com/blog/596.html

投稿日:

執筆者: